top

平成28年度 日本消化管学会学会賞受賞者

受賞賞 受賞者名 (所属:執筆時)
受賞論文タイトル
受賞論文掲載雑誌名、年、巻、号、ページ
文献のURLアドレス
(許可が得られた論文のみリンクを貼っています)

(敬称略、五十音順)

平成28年度 日本消化管学会学会賞受賞者 10名

最優秀賞
(臨床部門)
上村 修司(鹿児島大学病院消化器センター)
” Fecal Human Neutrophil Peptide Levels Correlate with Intestinal Inflammation in Ulcerative Colitis.”
Digestion 2016;93:300-308

https://www.karger.com/Article/Abstract/446210
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから

受賞者からのコメント: この度は大変名誉ある賞をいただきまして大変光栄に存じます。井戸章雄教授をはじめ、共同演者の先生に感謝いたします。
最優秀賞
(基礎部門)
原田 智(大阪医科大学第2内科)
“Autophagy Deficiency Diminishes Indomethacin-Induced Intestinal Epithelial Cell Damage through Activation of the ERK/Nrf2/HO-1 Pathway.”
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 2015;355:353-361

http://jpet.aspetjournals.org/content/355/3/353.long

最優秀賞
(基礎部門)

 

飯田 貴弥(京都府立医科大学消化器内科)
“Rapamycin Improves Mortality Following Intestinal Ischemia-Reperfusion via the Inhibition of Remote Lung Inflammation in Mice.”
Digestion 2015;92:211-219

https://www.karger.com/Article/Abstract/439300
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから

受賞者からのコメント: この度は、名誉な賞を賜りまして恐縮でございます。御指導を頂きました内藤裕二先生、髙木智久先生、堅田和弘先生、ならびに研究室の諸先生方には、大変感謝いたしております。ありがとうございました。

最優秀サイ
テーション賞
(Original部門)
坂本 琢(独立行政法人国立がん研究センター中央病院消化管内視鏡科)
“Short-Term Outcomes of Colorectal Endoscopic Submucosal Dissection Performed by Trainees.”
Digestion 2014;89:37-42

https://www.karger.com/Article/Abstract/356215
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから

最優秀サイ
テーション賞
(Original部門)
亘 育江(広島大学病院消化器代謝内科)
“Comparison of Small-Bowel Mucosal Injury between Low-Dose Aspirin and Non-Aspirin Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs: A Capsule Endoscopy Study.”
Digestion 2014;89:225-231
https://www.karger.com/Article/Abstract/358287
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから
受賞者からのコメント: この度は名誉ある賞をいただきまして光栄に存じます。ご指導頂きました共同研究者の先生方に深く感謝いたします。
最優秀サイ
テーション賞
(Review部門)
須河 恭敬(札幌医科大学消化器・免疫・リウマチ内科学講座)
“HER2 Expression and PI3K-Akt Pathway Alterations in Gastric Cancer.”
Digestion 2014;89:12-17

https://www.karger.com/Article/Abstract/356201
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから

優秀症例
報告賞
豊田 英樹(ハッピー胃腸クリニック)
“Intestinal Anisakiasis Treated Successfully with Prednisolone and Olopatadine Hydrochloride.”
Case Reports in Gastroenterology 2016;10:30–35

https://www.karger.com/Article/FullText/442971
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから

受賞者からのコメント:名誉ある賞を頂き誠にありがとうございます。これも私を御指導下さいました先生方、患者様のおかげです。たとえ開業していても臨床的に興味深いことは勉強し、世に問うていくことが大事と思っています。

奨励賞

武田 翔伍(大阪市立大学大学院医学研究科消化器内科学)
“Reduction of prostaglandin transporter predicts poor prognosis associated with angiogenesis in gastric adenocarcinoma.”
Journal of Gastroenterology and Hepatology 2016;31:376-83.
抄録はこちらから
 受賞者からのコメント:この度は大変名誉ある賞を頂きまして光栄に存じます。御指導頂きました荒川哲男先生をはじめ、共同研究者の先生方に深く感謝致します。

奨励賞

杉本 真也(慶應義塾大学医学部内科学(消化器))
“Clinical Efficacy and Safety of Oral Qing-Dai in Patients with Ulcerative Colitis: A Single-Center Open-Label Prospective Study .”
Digestion 2016;93:193-201
https://www.karger.com/Article/FullText/444217
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから
 受賞者からのコメント:この度は栄誉ある賞をいただき大変光栄に存じます。ご指導いただきました金井隆典教授、長沼誠講師をはじめ共同研究者の先生方に深く感謝いたします。

奨励賞

小田切 啓之(東京大学医学系研究科公共健康医学専攻)
“Difference in Outcomes of Rectal Foreign Bodies between Males and Females: A Retrospective Analysis of a National Inpatient Database in Japan.”
Digestion 2015;92:165-170
https://www.karger.com/Article/Abstract/439125
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから
 受賞者からのコメント:名誉ある賞をいただくことができ、身に余る光栄です。ご指導していただいた先生方に感謝するとともに、今後も臨床および研究に精進してまいります。ありがとうございました。