平成18年度 日本消化管学会学会賞受賞者

受賞賞 受賞者名 (所属:執筆時)


平成18年度 日本消化管学会学会賞受賞者 5名

関川 昭 (獨協医科大学 病理学(人体分子))
“REG Iα Protein May Function as a Trophic and/or Anti-apoptotic Factor in the Development of Gastric Cancer”
Gastroenterology, March 2005, 128(3), 642-653抄録)
藤原 靖弘 (大阪市立大学 消化器器官制御内科学)
“Association Between Dinner-to-Bed Time and Gastro-Esophageal Reflux Disease”
American Journal of Gastroenterology, 2005, 100, 2633-2636
受賞者からのコメント: 大変光栄に存じます。本研究は、私にとってもっとも印象的なものの1つです。 共同研究者の先生方に御礼申し上げます。
奨励賞 富 海英 (大阪大学 医学系研究科 保健学科)
“East Asian-type Helicobacter pylori cytotoxin-associated gene A protein has a more significant effect on growth of rat gastric mucosal cells than the Western type”
Journal of Gastroenterology and Hepatology, March 2007, 22-3, 355-362
奨励賞 畑澤 亮 (京都薬科大学 病態薬科学系 薬物治療学分野)
“Roles of Endogenous Prostaglandins and Cyclooxygenase Isozymes in Healing of Indomethacin-Induced Small Intestinal Lesions in Rats”
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 2006, 318(2), 691-699テキストHTML版)版)
奨励賞 藤瀬 剛弘 (佐賀大学 医学部 内科)
“Apoptotic pathway in the rat samll intestinal mucosa is different between fasting and ischemia-reperfusion”
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, July 2006, 291, G110-116テキストHTML版)版)

優秀症例報告賞: 該当者なし