top

助成・奨学制度

1.多施設共同研究助成制度

日本消化管学会は、日本における消化管領域の臨床研究のレベルを向上させることを目的に、平成25(2013)年度より研究助成を行っております。

昨年度(平成28年度)の採択結果につきましては、下記よりご確認ください。

2017年度の応募の受付は終了いたしました。
結果につきましては、本年6月中旬頃掲載予定です。

 

<平成28(2016)年度多施設研究助成 採択課題について>

詳細はこちらから

【採択課題①】

「消化管出血患者に対する緊急下部内視鏡検査の出血源同定率の有効性を検討する多施設無作為化割付比較試験」

<研究代表者>

東京大学医学部附属病院 消化器内科
小池 和彦

【採択課題②】

「食道腺癌におけるリンパ節および臓器転移の危険因子に関する検討~内視鏡切除術の適応確立をめざして~」

<研究代表者>

大阪府立成人病センター 消化管内科
石原 立

研究助成の審査結果