top

平成25年度 日本消化管学会学会賞受賞者

受賞賞 受賞者名 (所属:執筆時)
受賞論文タイトル
受賞論文掲載雑誌名、年、巻、号、ページ
文献のURLアドレス
(許可が得られた論文のみリンクを貼っています)

(敬称略、五十音順)

平成25年度 日本消化管学会学会賞受賞者 5名

最優秀賞
(臨床部門)
鶴身 小都絵(福岡大学筑紫病院消化器内科)
“Incidence, Clinical Characteristics, Long-Term Course, and Comparison of Progressive and Nonprogressive Cases of Aphthous-Type Crohn’s Disease: A Single-Center Cohort Study”
Digestion 87:262-268, 2013
http://www.karger.com/Article/FullText/350615(抄録)
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから
受賞者からのコメント: この度は名誉ある賞を頂き、感激しております。松井敏幸先生、平井郁仁先生をはじめ、お世話になった福岡大学筑紫病院の先生方にこころより感謝いたします。
最優秀賞
(基礎部門)
林 篤史(慶應義塾大学医学部消化器内科)
“A Single Strain of Clostridium butyricum Induces Intestinal IL-10-Producing Macrophages to Suppress Acute Experimental Colitis in Mice.”
Cell Host & Microbe 13, 711-722, 2013
https://www.cell.com/cell-host-microbe/abstract/S1931-3128(13)00196-0(抄録)
受賞者からのコメント: この度は、思いがけず栄誉ある賞の受賞の報に接し、大変光栄に存じます。ご指導頂きました金井教授を始めとした多くの共同研究者の先生方に深く御礼申し上げます。現状に甘んじることなく、一層研究活動に邁進して参る所存でございます。
優秀症例
報告賞
尾関 智紀(愛知医科大学消化器内科)
“Protein-losing Enteropathy Associated with Collagenous Colitis cured by Withdrawal of a Proton Pump Inhibitor”
Internal Medicine 52:1183-1187, 2013
https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/52/11/52_52.0232/_pdf(本文)
受賞者からのコメント: この度は大変名誉ある賞を受賞でき感激するとともに、ご指導して頂いた方々に感謝しております。今回の受賞をきっかけに、さらに消化管学発展のために邁進していきたいと思います。
奨励賞 藤川 佳子(大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科)
“High Prevalence of Gastroesophageal Reflux Symptoms in Patients with Non-Alcoholic Fatty Liver Disease Associated with Serum Levels of Triglyceride and Cholesterol but Not Simple Visceral Obesity”
Digestion 86:228-237, 2012
http://www.karger.com/Article/FullText/341418(抄録)
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから
受賞者からのコメント: この度はこのような名誉ある賞を頂き、大変感激しております。御指導頂きました荒川哲男教授、富永和作准教授をはじめ、共同研究者の先生方に深く感謝いたします。
奨励賞 宮原 貢一(佐賀大学医学部附属病院)
“Perforation and Postoperative Bleeding of Endoscopic Submucosal Dissection in Gastric Tumors: Analysis of 1,190 Lesions in Low-and High-Volume Centers in Saga, Japan”
Digestion 86:273-280, 2012
http://www.karger.com/Article/FullText/341422(抄録)
※JGA会員の方でテキストHTML版またはPDFをご覧になるには、こちらから
受賞者からのコメント: 今日は素晴らしい賞をいただき大変うれしく思います。ご指導頂いた藤本教授をはじめ、スタッフの方々に感謝するとともに、今後も消化管領域の発展のために努力していきます。