2022年度 胃腸科専門医の申請(新規・更新・更新保留)について

沿って | 2022年1月31日

胃腸科専門医制度規則をよく読み、申請可能かどうかご自身で確認のうえ、
2022年3月1日(火)~4月30日(土)*消印有効期間中に申請書類を事務局宛にお送りください。*条件付き延長

※【胃腸科専門医更新申請および胃腸科専門医更新保留申請の期間につきまして】                                                               2022年5月19日開催の理事会決議により、胃腸科専門医更新および胃腸科専門医更新保留の申請期間を7月末(消印有効)まで延長することとなりました

今年度、専門医更新対象者の先生が期日までに申請書(更新保留願い含む)をご提出いただけない場合、2022年10月31日付をもって専門医資格が喪失します。 11月以降も引き続き専門医資格の継続をご希望の場合は、遅延理由書を添付の上、更新もしくは更新保留のお手続きを必ずお済ませください。 なお、遅延理由書の書式は自由ですが、宛名を専門医審議委員会宛とし、日付と氏名、遅延理由を必ずご記入ください。

 

【胃腸科専門医更新申請※遅延理由書添付の上7月31日消印まで延長

・更新申請要綱はこちらから(PDF
・更新申請書式はこちらからPDFWord

※専門医更新要件の一つに「本学会主催の総会学術集会に 1 回、教育講演会(旧教育集会を含む)に 2 回以上の出席があること。」がございます。
教育講演会(旧教育集会)への出席は、第17回教育講演会をオンデマンド視聴いただくことでも、本年度更新に有効の単位として認められます。

【胃腸科専門医更新保留】※遅延理由書添付の上7月31日消印まで延長

更新単位不足等、やむを得ない事情により更新が出来ない場合は、更新保留願いをご提出ください。

・更新保留願いはこちら(PDFWord

<書類送付先(事務局)>
〒112-0005
東京都文京区水道2-1-1
一般社団法人 日本消化管学会事務局 宛

・2022年度年会費は2022年3月1日以降にマイページにて請求開始いたします。

・書類受領から1週間程で、マイページ>登録情報>「専門医(専門医更新)受付番号」欄に「R4・・・」と記載いたします。(マイページをご確認いただき、到着確認のお問合せはお控えください。)

・申請期間より前にご提出いただいた場合も3月1日以降に開封および到着確認を行います。

・書類に不備が認められた場合のみ事務局からEメールでご連絡差し上げます。

・審査の経過を個別にお知らせすることは致しかねます。

・最終審査結果は10月上旬に通知し、認定証の発送は12月中旬の予定です。

【胃腸科専門医新規申請】新規申請期間は終了いたしました。

・新規申請要綱はこちらから(PDF
・新規申請書式はこちらからPDFWord

※細則に定める基本領域の学会の専門医あるいは認定医の資格は、専門医認定申請書表紙(様式1)7に記載のない「内科専門医認定証」の提出でも可能です。
申請期間内に「内科専門医認定証」未発行の場合、代替として日本内科学会による「一次審査合格証明書」をご提出の上、発行後改めてご送付ください。

 書類審査後、2022年7月3日(日)に筆記試験を行いますので、2022年度専門医試験についてもご確認ください。